長谷川美貴教授(理工学部 化学・生命科学科)らの研究グループが北海道大学のキムユナ准教授らと共同で、高導電性酸化還元型レアアースデバイスの開発に成功しました。

長谷川美貴教授(理工学部 化学・生命科学科)らの研究グループは、北海道大学電子科学研究所のキムユナ准教授らの研究グループと共同で光エネルギー変換特性を示すレアアース(RE)錯体ーイオン液体の複合化に成功し、これを用いた高導電性酸化還元型レアアースデバイスを世界に先駆けて開発しました。

1種の発光体が赤色と青色の発光を発現できる可能性を見出したことで、新たな応用展開が期待されます。

本研究は、2020年9月15日(火)公開の「ACS Applied Materials & Interfaces」(アメリカ化学会発行)に掲載されました。

<関連情報>

青山学院大学/NEWS

長谷川美貴教授研究室ウェブサイト