理工学部 情報テクノロジー学科 楽詠灝准教授の研究課題がJSTの「2020年度創発的研究支援事業」に新規採択されました。

楽詠灝(がく えいこう)准教授(理工学部 情報テクノロジー学科)の研究課題「物理ベースグラフィックス:変形物体のマルチスケールモデリング」がJST(国立研究開発法人科学技術振興機構)の「2020年度創発的研究支援事業」に採択されました。

創発的研究支援事業は、JSTが、特定の課題や短期目標を設定せず、多様性と融合によって破壊的イノベーションにつながるシーズの創出を目指す「創発的研究」を推進するため、既存の枠組みにとらわれない自由で挑戦的・融合的な多様な研究を、研究者が研究に専念できる環境を確保しつつ原則7年間(途中ステージゲート審査を挟む、最大10年間)にわたり長期的に支援する制度です。

2020年6月に第1回公募が開始され、全国の大学等に所属する、博士号取得後15年以下の若手研究者から挑戦的で多様な研究構想が寄せられました。総数約2,500件もの申請の中から、楽准教授の研究課題は高い評価を得て採択に至りました。

楽准教授による、今後の研究の進捗が期待されます。

 

<関連情報>

JST創発的研究支援事業

理工学部情報テクノロジー学科楽研究室ウェブサイト

大学プレスセンター