2019年6月6日 橋本修教授(理工学部 電気電子工学科)が電子情報通信学会「平成30年度 業績賞」を受賞しました。

2019年6月6日(木)橋本修教授(理工学部電気電子工学科、研究・産学連携担当/相模原キャンパス総務・財務担当副学長)が、電子情報通信学会「平成30年度 業績賞」を受賞しました。

この業績賞は、電子工学および情報通信に関する、高い業績をあげた技術者・研究者に対して授与されるものです。

 

橋本教授は、高精度材料定数測定に立脚した、電波吸収体の高機能化研究及び実用化に尽力してきました。

電波吸収体の高機能化には、マイクロ波・ミリ波帯における測定技術を体系化し、かつ電磁界解析による最適設計が必要不可欠です。橋本教授は、これらの測定技術と解析技術を有機的に連携することにより、広帯域で超軽量な抵抗膜等を用いた吸収体を世界に先駆けて開発、実用化しました。

この実用化された技術は、年間30億台もの利用に達したETCシステム、無線LAN、TVゴースト用など電気通信分野のみならず、建築分野や交通分野など多岐にわたる分野に活用されています。

 

 

<関連情報>

→青山学院大学 / NEWS 「橋本修教授(理工学部)が電子情報通信学会「平成30年度 業績賞」を受賞」

→日刊工業新聞(2019.6.12)に記事掲載